屏東 2010年11月
本文へジャンプ
日記


子育てドタバタ日記

結婚6年目、32歳を迎えてはじめて恵まれた子供がダイスケです。彼との毎日は本当に驚きと発見の連続! 同じ境遇のお母さんたちとも情報を分かち合えたらうれしいです。

ダイスケ日記
毎日ダイスケを相手にドタバタしている生活を書き残しています。

成長の記録
検診や予防接種を受けた記録や、ベビー用品の感想などをまとめたものです。

イメージ


 
 

2010年11月 高雄を拠点にして、台湾最南端をめぐりました。
屏東市は、高雄から区間車で30分と近いけど、もー田舎です。三地門の玄関口となります。

11/27朝の高雄站
7:48発枋寮行き区間車へ乗る。屏東まで31元。

南廻線の枋寮は電化されていないので客車になります。
日本ではもー走っていないのでレトロ~。

屏東站到着。8:20頃

こんな客車です。

今日は三地門へ向かう。ここ屏東客運総站から。
総站は火車站を出て左方向すぐです。

ここへ向かう。三地門まで60元。

三地門は山の中ですがバス便はケッコウあります。

このバスに乗る。8:40発

三地門へ到着。9:25頃。前を行く小姐達。実は、同じ目的(原住民園区へ向かう)で屏東からバスに乗車。私の行動はバレバレで、バスの運転手さんとの交渉などしていまして、私も便乗しました(^^

バスを降りたら左方向へ。でこの橋を渡る。

橋のすぐ先を右に入るとこの道に入る

この階段を上っていく

ここに出る。この写真で見ると後方へ登って行きます。

登る

しばらくするとこの看板が左手に見えます。

すぐそばがもう原住民園区の駐車場

ここが入り口です。
土曜日で、行事があるので混んでいました。

行事はコレ。たまたま11/27開催。ラッキーでした。

入場券売り場 150元とちょっと高め。

入り口を入ったら早速。

原住民園区は広大な敷地。歩いて回るのは不可能。
無料バスが周回しています。

ここでイベントを開催していました

大学対抗の行事の様です。

会場の外でも練習中。
全部見ていると一日が終わってしまうので、1時間半ほどで切り上げた。

周囲の様子。ほんと山の中です。

園区内の食堂で昼食。

SETで250元。まーこんなもんでしょう。

これが竹筒飯。

園区を出る。12時半くらい。

三地門の街へ戻る途中の風景。

町並み1

町並み2

ここが三地門のバス停留所

町並み3

バス乗車12:30 屏東まで

屏東の慈鳳宮

慈鳳宮2

有名処らしい、任家涼麺へ向かったら、旧店舗は再開発で立ち退いていた。

移転先は徒歩で5-6分のココ。

MENUはコレのみ。大45元と小35元。写真は小。

喰い終わり(^^

屏東唯一のデパート

その裏通りにあった果物屋で発見。台東名産、釈迦頭。
冬のこの時期が旬!!

これ!

果物屋の光景

その近くに、屏東で唯一残る城壁がひっそりと
ある。

屏東車站

台鉄の標準的な改札ですね(^^

屏東周辺も2013年には高架になるようです。
右上写真の站も、もうすぐなくなるのかな、、。

区間車が来ました。

高雄站に戻った。これは構内図です。
以上で屏東の旅は終了です。
三地門は山の中だぞ~。