嘉義2005
本文へジャンプ
2005/06 嘉義の街。
この時は彰化へ行き、その足でさらに電車で119元。
帰りは台北直行自強号で600元、3時間半の長旅、、、。
まだ、映画KANOがHitする前です。

嘉義駅の後站(メインじゃないほー)です

こちらは前站

站の横kにあった一見ファミマですが、にせもんです(^^

嘉義站の表裏自由通路。嘉義の站はけっこう大きくて引込み線も多数あり。さすが阿里山への玄関口。

嘉義からは、あの阿里山への鉄道がでております。
その站はココ。
列車は1日上下1本なので、このときは拝めず。

こんな感じの表示がありました。

駅構内にいた、台鉄の気動車

站内にちょっとした展示コーナーがありました

嘉義站裏表通路のわきにあった老商店。
まだあるかな、、。

站を出て、
嘉義の名物といえば、この噴水鶏肉飯(チーローファン)ですな。この店の前に噴水がありまして、それが店の名前になったとか。

そのチーロー飯はコレ。ん〜、旨い、とはいいがたい、かな。
一緒に頼んだエビ湯

その噴水はココにあった模様。イマはない。

嘉義のおばちゃん(^^

嘉義の町並み

嘉義からは関仔嶺温泉へも行ける。
このバス停からバスは出る

ゼンゼン関係なにですが、台西行きのバス

嘉義の町並み2

帰りは自強号で直行で台北へ。600元。

車内販売の弁当。ちょいボケ(^^

自強号は混みまくり、でした。