本文へジャンプ

新北投は台北の温泉地。MRT淡水線の支線に乗り換えて行く。

日本統治時代に開発されたところです。

まずはMRTの站から。

支線の電車。車両は同じですが3両編成。

新北投といえばココです。瀧の湯。
公衆浴場です。站を降りたら温泉街を登っていくと右手にあります。脱衣場はなく、湯船の横で脱ぐ。
石鹸は使っていいのか悪いのか、、。
中の撮影はエンリョ。

ちょっと離れて撮影。
すぐわかります。
昼間の撮影。2002年です。
横から見た感じ。ちゃんとした温泉ですよ!!

さてこんどは新北投温泉博物館。ここは博物かんですので、湯には入れませんよ(^^

全景はこんな感じ。

全景2

ここも温泉。
こっちはスッパでは入れません。水着を持っていきましょう。昼休みもあるので、時間は確かめてね。

今度は地獄谷。
ここも温泉なんです。昔は足湯があって皆さんが入っていましたが、今は温泉が熱くなりすぎて入れなくなりました。残念。

地獄谷の本体。
まーいかにも温泉池、ですな。

地獄谷のちょっと裏手にある逸邨大飯店。
日本時代の名前を星の湯といいます。
入ったことはないのですがいい温泉旅館だそうです。

星の湯の表示が今もある。

モー少し山奥へ入っていくと
台湾民俗北投文物館というところもあります。

2002年なんですけどね、このときは閉館してました(^^

文物館をちょっと下ったところにある有名な春天酒店。
まー温泉リゾートって感じ。高級ですよ。日本からも予約ができるらしー。

春天その2

站に戻りました、、。
新北投は温泉地です。
一度は宿泊してみたいものですな(^^)
日記


子育てドタバタ日記

結婚6年目、32歳を迎えてはじめて恵まれた子供がダイスケです。彼との毎日は本当に驚きと発見の連続! 同じ境遇のお母さんたちとも情報を分かち合えたらうれしいです。

ダイスケ日記
毎日ダイスケを相手にドタバタしている生活を書き残しています。

成長の記録
検診や予防接種を受けた記録や、ベビー用品の感想などをまとめたものです。

イメージ


 
 
○○の日記