ちょいと前になりますが鶯歌へは、ちょろちょろ行っています。
焼物(陶芸)の街で、半日くらいは遊べるところです。
2001年頃の写真です。古くてスイマセん、、。
2004年の写真をちょっと追加。でも、站以外はあんまり変わっておりません
鶯歌

鶯歌へは電車で行くのが一般的。自強号はほとんど停まりません。新竹行きがけっこう頻繁にでています。

鶯歌站。台湾の一般的な站の風情。

站のホームは日本時代な感じ、、。

鶯歌站2

鶯歌站の工事中風景。今(2007)は、もーできています。

鶯歌站前の風情

站から北東方向へちょっと行き、山を登ると鶯歌石、という史跡があります。
陶芸以外では、これが唯一の見せ場、かな。

鶯歌石のところは眺め抜群です。

石を降りて、ちょっと西へ歩くと宏徳宮というのがあります。
観光ガイドにはのってない。

鶯歌の新市街

線路をくぐって河の近くにあるのが鶯歌陶芸博物館。2001年の時点でオトナ100元。

こちらがメイン。鶯歌陶芸老街。
せともの屋さんが沢山ある。

平日の老街。すいてます。

帰りは復興号で台北まで。

さて、2004年3月の鶯歌站。
最初の写真の站は、もーありません。
ちょっと近代的??

鶯歌鎮の地図。

站は変わりましたが、老街はあいかわらずです。
このときは土曜日なので、ちょっと人が多い。

鶯歌站ホーム。こーいう站標もだんだん減ってきています。

台鉄の客車。このタイプもだんだん減ってきました。
鶯歌は、桃園のヒトツ手前。台北からは1時間ちょっとかかります。ローカルな瀬戸物の街。
三峡への玄関口でもあります。